消防士になりたい人のための採用試験攻略サイト

消防、警察、自衛隊を比較

併願されることの多い消防、警察、自衛隊。これらは公安職と呼ばれる職業です。 公安職とは、主として治安をつかさどる、または治安維持に従事するものとして規定された公務員の職種です。
簡単にいえば、人を守る仕事です。どれも正義感あふれる誇り高き職種であり、自らの手で人を救うという点で通ずるものがあります。 そのようなことから、消防、警察、自衛隊を併願して受験する人も多くいます。

ということで、それぞれの職種を①給料、②仕事の厳しさ、③休みの多さ、④拘束度、⑤難易度の5つの面から比較してみました。

給料

警察官 > 消防士 > 自衛官

給料面では、トップは警察官、次に消防士、最下位は自衛官となっています。
あるサイトによると、それぞれの平均年収は、警察官734万円、消防士638万円、自衛官613万円となっています。 あくまで平均ですので、採用される自治体や採用区分等によって変わってきますが、全体の平均値ではこのような結果になっています。
>>消防士の給料     

仕事の厳しさ

自衛官 > 警察官 > 消防士

仕事の厳しさで見ると、自衛官がトップ、次に警察官、最後に消防士がきます。 これも一概に比較はできませんが、やはり自衛隊の厳しさは群を抜いているように思います。
何週間も山に籠り、何十キロもある装具を身に着け、不眠不休での戦闘行動等、一般人には考えられないような訓練をします。 戦争と同じ状況を作り、本番さながらの訓練を定期的に行うので、体力的にも精神的にも相当キツイものがあります。   

休みの多さ

消防士 > 自衛官 > 警察官

休みの多さでは、消防士がトップとなっています。基本的に24時間勤務の消防士は、まる一日働いたら、翌日はまる一日非番となります。 非番は休みとは違いますが、何もなければ休みのようなものです。フリーに使える時間としては消防士が一番多いという事でしょうか。
次に多いのは自衛官。ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始休暇など、1週間~2週間程度まとまった休みが取れるのは、自衛官ならではです。   

拘束度

自衛官 > 警察官 > 消防士

拘束度に関しては、自衛官が一番厳しく、次に警察、消防と続きます。
自衛官は有事の際に即応体制が取れるように、基本的に駐屯地内で暮らしています。 結婚して外に住む場合も、多くは駐屯地から徒歩圏内の官舎に住むことになります。
自衛官の拘束度ほどではありませんが、警察、消防も非常時には休日でも招集がかかったりと、民間企業に比べればはるかに拘束度合は強くなっています。   

難易度

消防士 > 警察官 > 自衛官

難易度では、消防士がトップとなっています。
東京消防庁を例に挙げると、倍率は毎年15倍~20倍となっています。 他の自治体でも倍率は平均10倍程度はあるように思います。
消防は警察や自衛隊と比べ、圧倒的に採用人数が少ないです。地方では毎年1名しか採用しないなんてこともザラにあります。 それだけに、消防士になる道は狭き門となっています。
>>難易度と勉強期間