消防士になりたい人のための採用試験攻略サイト

消防士の魅力

命の危険から人々を守り、地域を守ることを職務とした消防士。 子どものなりたい職業としても人気が高く、その姿に憧れる人は少なくありません。

消防士という職業には、どのような魅力があるのでしょうか。消防という職業の魅力を見ていきましょう。

職業としての魅力

公務員

消防士は、各市町村に採用された地方公務員です。そのため、収入は安定しており、社会的信頼も厚いです。決して、高収入な職業ではないものの、人並みに生活していく分には不自由しないでしょう。

休みが多い

 消防の仕事は、基本的に24時間勤務です。まる一日働いて、次の日はまる一日休み(非番)。これを数回繰り返すと、公休日が入るというサイクルです。ですので、一カ月の出勤日数は平均10回、残り20日は休みや非番となっています。非番と公休日に合わせて、有休をとれば、5連休というような休みも可能です。

体を動かす仕事

 消防は身体が資本の仕事です。現場では、梯子を上ったり、要救助者を背負ったり、何十キロもの装具を身に着け、防火服を着て走り回ったり…というように、職務上ある程度の体力と身体能力が求められます。採用試験に体力試験が課せられているのもそのためです。身体を動かすのが好きな人には、向いているかもしれませんね。

カッコイイ

危険な現場で人命救助のために懸命に活動する姿、一分一秒を争う現場で熱く冷静に活動する姿に感銘を覚える人も少なくありません。

「人命救助」というやりがい

最大の魅力は、人命救助にあるでしょう。 消防の仕事を一言で言えば、「人命救助」です。消防隊、救急隊、救助隊、予防課員等、消防にも様々な職種がありますが、全てに共通していえるのは、「災害から地域住民を守り、助けること」です。一分一秒を争う現場、危険を伴う現場等、大変なことも多いですが、その分やりがいも大きい仕事です。