消防士になりたい人のための採用試験攻略サイト

救急救命士

救急救命士は国家資格の一つで、救急車に乗って現場に向かい、一般の救急隊員にはできない特定行為(輸液や薬剤投与等)を行うことが認められた人のことを言います。
救急に関する専門的な知識と技術を持ち、救急現場を動かします。 一般の救急隊員と違い、救命士はグレーの服を着ているのが特徴です。

救急救命士になるには

日本で救急業務を担っているのは、大半が消防機関であるため、日本の救急救命士はほとんどが消防職員です。
ですので、救急救命士になるには、消防職員としての試験に合格しなければなりません。
具体的な道のりとしては二通りあります。

消防士になった後に、救急救命士になる道

一つは、消防士となり定められた期間現場で経験を積んだのちに、救急救命士の資格を取得する方法です。 消防士となり、救急隊員として5年以上の現場経験をするか,2000時間以上の救急現場を経験をすると, 救命士の養成課程(消防官のみが入校できる救命士養成所)への入校資格が得られます。

救命士養成所へ入校するには、所属で希望を出したり、推薦されることで入校する流れになります。 養成所で約6カ月間の教育を受け、救命士の国家試験に臨みます。資格取得後は、所属に戻り救急救命士としての活動が始まります。


救急救命士の資格を取得後、消防士になる道

もう一つは、消防士になる前に、救急救命士の専門学校や大学をでて資格を取得し、その後消防の採用試験を受ける道です。
救命士の専門学校の場合、最短でも2年間学校へ通う必要があります。

また注意すべき点は、救急救命士の資格を取ったからといって、消防職員になれるとは限らないという事です。 そのため、高い学費を払って専門学校に行き資格を取っても、就職先がない人たちも多くいるのが現状です。