消防士になりたい人のための採用試験攻略サイト

消防士になるには

消防士は公務員ですので、消防士になるには公務員試験に合格しなければなりません。
自衛隊であれば国に採用される国家公務員、警察なら各都道府県に採用される地方公務員ですが、消防は各市町村ごとに採用される地方公務員です。 ですので、消防士になるには市町村の実施する採用試験を受ける必要があります

道のり

消防士になるためには、まずは各自治体が行う採用試験に合格しなければなりません。
採用試験には、学歴によって「大学卒」、「高校卒」といった区分があり、該当する受験区分の試験を受けるのが一般的です。
試験を突破し内定をもらうと、消防士としての人生が始まります。
最初の約半年間は、消防学校へ入校し、消防人としての精神や基本基礎を学びます。 その後各所属に配属され、現場デビューを果たします。
   

受験資格

採用試験を受けるには、年齢、身体要件といった受験資格を満たしておく必要があります。 受験資格は自治体によって様々ですが、東京消防庁を例に挙げると以下のようになっています。

東京消防庁の場合(男性)
年齢 18歳以上29歳以下
身長 おおむね160㎝以上
体重 おおむね50㎏以上
胸囲 身長のおおむね2分の1以上
視力 両眼で0.7以上かつ一眼で0.3以上。赤、青、黄の色彩の識別ができること
聴力 正常であること(聴力検査による)
肺活量 おおむね3,000㏄以上

身体基準は、上記のように「おおむね」としているところが多いです。 「おおむね」とは、厳密な基準ではなく、だいたいそれくらいあればいいという意味です。
たとえ身長が158cmであっったとしても身長の基準は、「おおむね」160cmとなっているので、受験資格がないということではありません。
なお、受験資格は自治体によって異なるので、必ず該当する自治体の採用案内等で確認するようにしてください。

試験科目

消防官の試験科目には、学科試験、論文試験、体力検査、適性検査、面接試験といったものがあります。 各自治体によって多少異なりますが、基本的にこの5つと考えてよいです。
詳しくは、採用試験の内容のページで書いています。