消防士になりたい人のための採用試験攻略サイト

封筒の書き方・注意点




① 宛名の最後には「御中」と記入
御中とは、団体や組織に対する敬称です。個人に送る場合は「様」と書きますが、願書の送付先は、通常市役所の人事課等となるので「御中」を使用します。
なお宛先については、必ず自治体のホームページ等で確認してください。


② 切手は必ず貼る
封筒に貼る切手の料金には、通常82円切手と92円切手があります。どちらを貼るかは、封筒のサイズと重さによって決まっています。
定形郵便(幅12cm、高さ23.5cm、厚み1cmまで)は82円切手、定形外郵便(高さ60cmまで、幅・高さ・厚みの合計が90cmまで)は92円切手を使用します。

願書のようなものを郵送する場合、一般的に封筒はA4サイズの物を使用すると思います。 A4サイズの封筒は定形外郵便となるので、92円切手を貼ります。


③ 朱書きで「採用試験申込書在中」と明記する
相手に大事な書類という事が一目でわかるように、封筒の左下には朱書きで「採用試験申込書在中」と明記しましょう。書き方に関しては、指定されている場合もあるので、各自治体の申込要領などを確認してください。


④ 裏には自分の住所、氏名を記入
封筒の裏には、どこから送られてきたかがわかるように自分の住所と氏名を記入します。万が一、送付先の住所が間違っていたりした場合、自分のもとに送り返してくれます。
  

その他の注意点

● 申込期限は必ず守る
● 簡易書留又は書留で送る
● 郵送する前に必ずコピーを取っておくこと